Jewellery Wanderlust

ジュエリーが大好きで、世界中から個人輸入している人のブログ。特にアンティークが好き。

MENU

バブリー!母のフェイクパールコレクション

私はよく、母のクローゼットや箪笥を物色して、気に入った服や小物があると勝手にもらっています(本物のジュエリーはもらえません、笑)。その中でもフェイクパールを使ったジュエリーがお気に入りなので、まとめてご紹介します。 

 

f:id:jewellerywanderlust:20210712143028j:plain

 バブリ〜!ブローチ2つ、タイ型ネックレス、チェーンベルトです。

 

ブローチはきっと、服の付属品だったのでしょう。肩パット入りの派手な色の服に付いていたことが容易に想像出来ます。カラフルなチェーンベルトも、ボディコンなワンピースとかに合わせていたんだろうなあ。母が若い頃のものなので、おそらく80年代のものかと思います。デザイン的にも。

 

奇しくも80年代リバイバルでまた流行っているので、今年はこれらを活用しない手はない!と思っています。かなり重めのデザインなので、秋冬に使う予定です。 

jewellery-wanderlust.com

 

それでは各アイテム見ていきたいと思います。

 

まずはブローチたち。リボンの方はセーラームーンっぽい…!

f:id:jewellerywanderlust:20210713172030j:plain

 

絶対秋冬のこっくりしたお洋服の方が似合うのですが、夏服でもブラウスに合わせるとお嬢様っぽくてかわいいです。

f:id:jewellerywanderlust:20210713172447j:plain

(服のシワはご愛嬌…!)

 

リボンの方は、閉じたカーディガンの一番上のボタンのところに留めたりもしますが、ヘアアクセサリーとしてつけるのもお気に入りです。

↓こちらでも書いた通り。

jewellery-wanderlust.com

 

f:id:jewellerywanderlust:20210713172816j:plain

年齢が上がってくると、「こんなリボンつけられない…」という気持ちになるかもしれませんが、服装をシンプルにすれば全然問題なし!今回は夏なので白いブラウスを着ていますが、実際は黒いシンプルニットに合わせます。ボートネックかタートルネックがおすすめ。白など明るい色のトップスに合わせるとどうしても清純感というか、お子さま感が出てしまうので、大人は暗め落ち着きカラーに合わせましょう。

 

お次はこちら。

f:id:jewellerywanderlust:20210713173537j:plain

パールのお花が可愛すぎるチェーンベルトです。これはリトルブラックドレスに合わせてつけたりしています。少し前だったらチェーンベルトというもの自体、シンプルかつカジュアル主流のトレンドではつけにくかったのですが、やっと風向きが変わったので、これからはもっと出番があるだろうと期待しています。

 

そして最後に気になるこちら!

f:id:jewellerywanderlust:20210713175208j:plain

フェイクパールのネクタイ!!こんなの見たことない!

 

フェイクパールだからこそできるデザインですね。つけこなすのがかなり難しく見えるのですが、一度だけ、ブラウスとジャケットに合わせて外出につけていったことがあります。白いブラウスとつけると、色が同化してあまり主張が強くならないので、案外つけやすかったです。母が当時これを使って、一体どんなコーデをしていたのかかなり気になります。

 

f:id:jewellerywanderlust:20210713173143j:plain

 マニッシュ&エレガントな印象。パールという女性的な素材と、ネクタイという男性的なアイテムの組み合わせですね。やはりパールはマスキュリンと合わさるとより魅力が増すことが証明されました…。

 

 ↓男性とパールについてはこちらでも書きました。

jewellery-wanderlust.com

 

正直私はがさつな性格で、過去にフェイクパールのロングネックレスを机に引っ掛けて、パールをぱーんと弾け飛ばしたことがあるので、こういったデザインのものは細心の注意を払ってつけなければと思います…。大学の200人くらいの大教室での出来事だったので、周囲の皆さんに弾け飛んだパールを拾ってもらったのが良い思い出です…笑。

 

 

繰り返しになりますが、やはりこれらはこっくりした色の洋服にコーデした方が何倍も可愛いので、秋冬になったらまたコーディネートでもご紹介したいなと思います。