Jewellery Wanderlust

ジュエリーが大好きで、世界中から個人輸入している人のブログ。特にアンティークが好き。

MENU

いつか買おうと思っている憧れの宝石について

 

私は、今すぐには買えないけれど、将来買うものの予定を立てることが大好きです。 

↓この通り。

jewellery-wanderlust.com

 

憧れのコンクパール 

実は以前一目惚れして、将来絶対手に入れようと思っている宝石があります

 

それはダイヤではなく…

 

 

パライバトルマリンでもなく…

 

 

 

コンクパール!

 

目次で盛大にネタバレしているので、全くいらないタメでしたね。皆さんは聞いたことあったでしょうか?このブログを見てくださる方は、きっと宝石やジュエリーがお好きな方が多いので知っていましたかね?

 

こちらがコンクパールです。

 

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by @garimpo_12

www.instagram.com

 

つやっつや!!まるでゼリービーンズのよう!!

 

f:id:jewellerywanderlust:20210416200754j:plain

コンクパールを見るたびに思い出すポイフル

(出典:LINE Corporation)

 

私が初めてコンクパールの存在を知ったのは、アンティークのネックレスでした。ピンク色の石がペンダントトップとして付いていたのです。私はそれを初めて見た時、「コーラル(サンゴ)かな?」と思いました。それにしてはピンクだなと思って詳細を読んで初めて、コンクパールの存在を知ったのでした。

 

コンクパールとは

コンクパールは、カリブ海に生息するピンク貝という巻貝から取れる真珠です。真珠を持つコンク貝は1万〜1万5千個にひとつと言われ、「最も貴重な真珠」とも呼ばれています。

 

コンクパールの色はピンクから赤、オレンジ、ブラウン、白などがあり、特に表面に火炎模様が出ているものが高く評価されています

 

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by King (@gems_1990)

www.instagram.com

このメラメラっとした模様のことです。 

 

大きさは、直径3mmを超えるものは珍しく、10mm超えると超貴重と考えられるそうです。その大きさで、色がピンクから赤、加えて火炎模様が出ていたら、それは超高値で取引されるコンクパールということになります。

 

(出典:https://www.globalgemology.com/conch-pearl.html#/

 

価値と価格

コンクパールはお高いです。それは供給が非常に限られているからです。上にあげた通り、コンク貝のうちコンクパールを持つ個体は非常にわずかですし、なにより養殖ができません

 

普通、真珠といえば養殖が盛んですが、コンクパールの養殖は今のところ実用化されていません。

 

なぜなら母貝のコンク貝が巻貝だからです。巻貝の真珠の養殖は難しく、研究が行われて成功例もあるようですが実用化まで至っていないのが現状です。

 

しかもコンク貝は絶滅の危機に瀕しています

natgeo.nikkeibp.co.jp

 

これらの事情により、コンクパールは非常にお高いのです。ダイヤほどとはいいませんが、その他の宝石と比べると圧倒的に高価だと思います…。市場に大量に出回っているダイヤと違って供給量が非常に限られているため、普通の宝石店やブランドで見られることもあまりありません。私たち一般人が目にするのは、ルース(裸石)か、ファインジュエリーの一部としてです。

 

しかし実は私、もう持っているんです。

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by HM (@hmantiquegems)

www.instagram.com

 

右がコンクパールです。写真だと分かりづらいのですが、極小サイズでおそらく0.1ctかそれ以下です。どうしてもコンクパールが欲しかった時に(今もですが)、お試しで購入してみました。しかしやはりある程度の大きさがないと、色や艶を楽しめないなと思います。

 

次は一生ものになるコンクパールを狙っていて、それも2個以上で購入しようと企んでいます。コンクパールに関してはなぜか、複数並んでいるのが可愛いと思っています。それはおそらくポイフルの呪いで、上にあげた写真のようにカラフルなコンクパールがコロコロしているところが見たい…という欲求です、笑。

 

私は火炎模様には特に惹かれないので、とにかくつやっとしていて、いちごみるくみたいなピンクや、これまたイチゴ飴のような赤を狙っています。

 

ただ、ルースを集める趣味は今のところないので、やはりなにかしらのジュエリーがいいなと思っています。現在最有力なのはピアス、次点で指輪です。

 

 

私の目の保養をご紹介します。コンクパールを使ったファインジュエリーを製作しているブランドです。

 

憧れのブランド 

SARAH HO JEWELLERY

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by Sarah Ho 💎 (@sarahhojewellery)

www.instagram.com

 

この一番左のリング!一体何カラットなの!!ぷっくりつやつやで美しすぎる…。

 

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by Sarah Ho 💎 (@sarahhojewellery)

www.instagram.com

 

ピンクとオレンジのコンクパールを連ねた美しいピアス。それに加えて何とインペリアルとパーズまで使っているのです!色合いが最高すぎる…。

 

続いてはこちら。

Lugano Diamonds

 

f:id:jewellerywanderlust:20210416204935j:plain

出典:Lugano Diamonds citing in Robb Report

 

これ本当に欲しい…。コンクパール×ダイヤという宝石の中でも超高級ペアはよく見ます。

 

f:id:jewellerywanderlust:20210416205221j:plain

出典:Lugano Diamonds citing in Robb Report

大粒のピンクのコンクパールを小粒の赤いコンクパール、そしてダイヤが取り巻いているという、究極に贅沢で美しいピアス…。 

 

目の保養だ…。ちなみにどれもお値段は分かりませんが、7桁であることは間違いありません。(訂正:どうやら8桁台の模様…泣)

 

ちなみに、コンクパールではなく、コンク貝を使ったジュエリーならばぐっとお安く手に入れることができます。貝自体もピンク色なのできれいなのです。「コンクシェル」と呼ばれ、色々なアイテムが販売されています。ただし、「コンクシェル」を「コンクパール」と勘違いして購入しないようお気をつけ下さい。「パール」と「マザーオブパール(白蝶貝)」と同じで、全く違います。

 

しかし私が欲しいのはあくまで「コンクパール」なので、頑張ってお金を貯めたいと思います…。

 

最後に

かつて普通の真珠が、養殖技術の普及によってその価格が急激に暴落したように、コンクパールも養殖技術が広まればぐっと手に入れやすいお値段になると思います。しかしそれは一体いつになることやら…。それに養殖が広まっても、天然真珠が相対的に価値を持つようになるので、そういう意味でも今のうちに天然のものを手に入れておきたい気もします。

 

皆さんのいつか手に入れたいと思っている、憧れの宝石はなんですか?