Jewellery Wanderlust

ジュエリーが大好きで、世界中から個人輸入している人のブログ。特にアンティークが好き。

MENU

セボンスター?サクマドロップス?宝石好きのルーツを探ろう

宝石が好きな人は幼少期から石が好きだったり、お祭りの指輪セットが欲しかったり、なにかしらルーツのようなものがあることが多いかと思います。今回はそんな、宝石好きならば「好きだった!」「懐かしい!」と思うものを独断と偏見でピックアップしたいと思います。世代としてはアラサーです。共感出来るか、それとも全然あてはまらないかぜひ試してみてください。

 

おもちゃ編

エントリーNo.1、セボンスター

f:id:jewellerywanderlust:20210306144042p:plain

出典:カバヤ食品

もうこれは不動ではないでしょうか。今見てもテンションが上がります!この六角形の筒をみただけでわくわくしますね😍

セボンスター | カバヤ食品株式会社

なんと40年の歴史があるそうで、追いきれないほどのシリーズが出ています。大人のコレクターも多いとききますが、これは集めるの至難の業ですね…。

2021年の最新シリーズは以下だそうです。

f:id:jewellerywanderlust:20210306150824p:plain

出典:カバヤ食品

 

エントリーNo.2、シンデレラジュエリー

f:id:jewellerywanderlust:20210306144918j:plain

出典:オークファン

f:id:jewellerywanderlust:20210306144941j:plain

出典:オークファン

これご存知の方いらっしゃるでしょうか!?なんと石をお湯を一緒に入れてしゃかしゃか振ると宝石になって出てくるのです!そしてそれを付属の枠に入れてネックレスや指輪にして楽しむことができるという、非常に心躍る玩具です!

f:id:jewellerywanderlust:20210306145551j:plain

出典:原るりTwitter

個人的にはセボンスターよりわくわくした思い出があります。大好きなおもちゃでした。どうやらもう販売されていないようで、ネットオークションでしか見られません…残念。

 

エントリーNo.3、お祭りの子ども用指輪

f:id:jewellerywanderlust:20210306145914j:plain

出典:楽天(ショップ名:Dere)

f:id:jewellerywanderlust:20210306150312j:plain

出典:楽天(ショップ名: 株式会社小原商事)

 

これは思い当たる節がある人が多いのではないでしょうか?お祭りの出店のおもちゃ屋さんで必ず売っている、女の子向けの指輪ですね。今見ても可愛い!そして安い!セットで1000円、2000円くらいで買えるのですね…。こういうのって、大体後ろが開いていてフリーサイズでしたよね。

 

 

食べ物編

エントリーNo.1、サクマドロップス

若干『火垂るの墓』の印象がありますが、今でも子どもは食べたりしますよね!?分かりませんが、少なくとも私は子どもの頃たまにもらって食べた思い出があります。にサクマドロップスは「食べたい」というよりは「見たい」でした。特にハッカ。笑

f:id:jewellerywanderlust:20210306151933j:plain

出典:Wikipedia

やっぱり宝石のように美しい〜!

そしてやはりこれを宝石のようだと思っている人間は私だけではないようで、色々な製品を発見しました。

 

f:id:jewellerywanderlust:20210306152212j:plain

出典:メルカリ(出品者:fuwafuwa)

サクマドロップスのようなネイルチップ!すごい!!おいしそう!!

 

f:id:jewellerywanderlust:20210306152549j:plain

出典:@somoshop

やっぱりこういうドロップス風のチャームもあるんですね!可愛い!

 

f:id:jewellerywanderlust:20210306153226j:plain

出典:Nao-Segawa|ハンドメイドジュリー

 

f:id:jewellerywanderlust:20210306153321j:plain

出典:Nao-Segawa|ハンドメイドジュリー

そしてなんと!本物の半貴石にカーヴィングを施したものまであるのですね!!これはたまらない😍子どもの頃の夢が現実になったかのような宝石です😍

 

ちなみに調べていくうちに知ったのですが、「サクマドロップ」と「サクマ式ドロップス」の2種類があってそれぞれ別会社が販売しているそうです。

f:id:jewellerywanderlust:20210306151657j:plain

出典:ミドルエッジ

 

缶を見た感じ、おそらく私がなじみがあるのは「サクマドロップス」かなと思います。この缶って子どもの力では開けられなくて、誰かに開けてもらっていましたよね。

 

身近にあった石編

エントリーNo.1、河原や海の石

ど定番ですね。河や海にいっても石ばっかり見ている子どもではなかったですか?私は貝殻探すのも大好きでした。大人でも石集めが趣味の人は結構いるようですね。私も今でも旅先で集めては、家に持って帰り使い道に困っています…。とりあえず観葉植物の土の上に散らしたりしています。笑

f:id:jewellerywanderlust:20210306153920j:plain

出典:bulan.co

そしてこの画像のついでに見つけてしまったのですが、なんとこうした河原の綺麗な石をモチーフにしたクッションがあるそうです!その名も「STONE CUSHION」!

http://stonecushion.com/

f:id:jewellerywanderlust:20210306154405p:plain

出典:STONE CUSHION

えーかわいー!!

f:id:jewellerywanderlust:20210306154459j:plain

出典:STONE CUSHION

サイズも色々あっていいですね!私のように、石をみてテンションが上がってたくさん拾ってきたはいいものの、家帰って冷静になって使い道に困る、という人間にはこういう実用的なものがぴったり!

 

エントリーNo.2、水晶もしくはアメシストのクラスター、ドーム、ジオード

実家かおばあちゃん家にありませんでしたか?こういうの↓

f:id:jewellerywanderlust:20210306155346j:plain

アメシストクラスター(出典:天然石・パワーストーン通販PARIS)

f:id:jewellerywanderlust:20210306155128j:plain

水晶ジオード(出典:天然石ごろごろ)

こういうのは得てして玄関に飾ってあるんですよね。それか床の間の一部。うちはアメジストと水晶、両方あった気がします。
 

それと半貴石をはめ込んで作られた絵もありましたね。鳥か、虎か、花が代表的なモチーフ。「貴石画」、「宝石画」というそうです。

f:id:jewellerywanderlust:20210306155714j:plain

まさに鷹がありました…。笑(出典:ヤフオク)

大人になった今欲しくはありませんが(笑)、幼少期は石がきらきらしているなーとこれらの美術品を眺めていたなと思います。

 

大人になった今欲しいのはこちらです。

aoiginga.shop-pro.jp

 

結晶育成セット!!!なんと自分で結晶を育てられるのです!石好きにはたまりませんよね。育てる過程も、育てた後インテリアにするのもとっても楽しそう!

 

 

以上、宝石好きのルーツについて考えてみました。いかがでしたか?ひとつでもみなさんが、「あー、あった!」と共感出来るものがあったなら幸いです。