Jewellery Wanderlust

ジュエリーが大好きで、世界中から個人輸入している人のブログ。特にアンティークが好き。

MENU

海外アンティークジュエリーの探し方と買い方【セール編】

さて、過去5記事続いたシリーズも、ここで一旦終わりにします。最後はまたもやお金にまつわるお話です。みんな大好きなセール!

前回↓

jewellery-wanderlust.com

 

 

アンティークジュエリーはセールになるのか?

答えは「Yes」です!ただし、アンティークジュエリーショップ特有のセールがあるわけではありません。一般的なセールの時期に、他のものと同様、アンティークジュエリーショップでもセールが開催されることが普通にあるという意味です。

日本のアンティークショップでももちろんあります。しかしここでは、海外のオンラインショップを対象に書きますね。

 

オンラインショップのセール時期

本来、オンラインショップのセール時期は、実店舗のセール時期と変わりません。そして、大規模な季節毎のセールというのは、国によって大体開催時期が決まっています。

なので今回は、アンティークジュエリーショップが多いヨーロッパとアメリカのセール時期について書いていきます。

 

狙い目のセール

ずばり大きなチャンスは主に年に3回、夏、冬、バレンタインです。

 サマーセール

夏に行われるセールは、日本でもおなじみですよね。しかし、7月上旬〜8月に行われる日本とは、時期が微妙に違います。アメリカは日本と大体同じですが、イギリスは日本より1ヶ月ほど早く、6月から7月にかけて行われます。なので、5月末くらいから意識するくらいがちょうどいいです。

 

単純に「○% OFF」というだけではなく、私が経験して面白いなと思ったセールは、「在庫を総入れ替えします。今HPに載っているアイテム全対象で、あなたが希望の値段をオファーしてください。それが私たちが受け入れられる額ならば、その値段であなたに売ります」という、なんだか心理戦のようなセールです😂 値切ったり値段の交渉ができるタイプではないので、控えめにオファーしましたが、多分原価割れしない限り受け入れてもらえるので、定価の半額ぐらいの値段でオファーしてもよかったかも、笑。ただ、もしかしたら同じアイテムを狙っているライバルがいるかもしれないので、出来る限り値切る、というよりは、「この額だったら納得して買い物出来る」という額を設定するのが一番かなと思います。ある意味オークションのような感じで、日本ではあまりみたことないセールでした。

 

ウィンターセール(ブラックフライデー&サイバーマンデー)

こちらも日本でもおなじみの冬のセールです。こちらは夏よりもっと日本と違っています。日本の感覚では冬のセールというと、初売りから始まる1月初めのセールですよね。

しかし、アメリカの冬にはブラックフライデー&サイバーマンデーという、超ビックセールデーがあります。日本でもアマゾンなどがこれらの日に合わせてセールを行って、徐々に知名度が上がっていますよね。

  • ブラックフライデーとは

感謝祭(11月の第4木曜日)翌日の金曜日

  • サイバーマンデーとは

感謝祭(11月の第4木曜日)の次の月曜日

 

なんだかややこしいですね。とにかく、11月下旬と覚えておけばOKです。 ここに合わせて、大企業でないスモールビジネスのアンティークジュエリーショップでもセールをすることが多いです。それからこの2つを超えても、プレゼントなどで消費が盛んになるクリスマスを控えているので、お店によってはクリスマス前後もセールが続行されます

 

ですので、海外のお店からアンティークジュエリーを買いたい場合、冬のセールは1月下旬ではなく、11月からお店をチェックし始めることをおすすめします。そうしないと、気づいたときには終わっていたなんてことになるので要注意…!

 

バレンタインセール

ここが結構盲点です。日本では女性が男性にチョコレートをプレゼントする日ですが、欧米諸国ではカップルの日で、男性が女性にジュエリーを贈る機会でもあります。各ショップ、バレンタインギフトの提案をしたり(ハートやキューピットのモチーフのジュエリーなど)、セールをすることが多いです。これが日本人にとってはかなり盲点で、私は現代もののダイヤのジュエリーを年末のセールで手に入れて、その2ヶ月後のバレンタインセールでさらに安くなっていて涙をのんだ経験があります。笑

  

割引率について

お店によってもちろん違いますが、今まで私がみたことある限りでは10~40%offのレンジです。アンティークジュエリーは、定価が安くても数万円のため、割引率が少ない%でも、金額にすると結構大きいです。例えば10%offでも定価10万円ならば1万円引きですしね。こればかりは個人的な感覚ですが「20%off」以上だと「お、お買い得かも」と思っています。

 

番外編

ジュエリーというのは、他のものよりも値引きがフレキシブルにされる商材のようです。それは高額であるからと(安価な商品に比べて割引が出来るバッファーが広いため)、前の記事でも触れた通り、大体のジュエリーショップがスモールビジネスであることとが関係していると思います。

jewellery-wanderlust.com

 スモールビジネス(家業)であるということは、対応してくれている店員さんがそのお店のオーナー自身か、その家族であるということが往々にしてあります。つまり大型チェーン店と違って、店員さん自身に値段を決める裁量があることが多いのです。その人になかったとしても、「社長に代わります」ということが簡単に起こりえます。

また、ジュエリーショップは、次に繋がりそうな良いお客さんには「また次も来てくださいね」という意味で、サービスをしてくれる場合があります(元宝石店店員の私の母も、同様のことを言っていました)。

ですので、セール時期かどうかにかかわらず、家族経営のジュエリーショップではこうした個人レベルの値引きも起こる、ということは知っておいて損はありませんね。ただし、もちろん無理矢理値切るようなことはマナー違反ですし、到底「次に繋がりそうな良いお客」に見える行為ではありませんのでやめましょう⚠️こういうのは信頼関係が大切です。

 

アンティークジュエリーを買う際も、上手くセールを活用出来るといいですね。しかし、セールになるのを待っている間に欲しい商品が売り切れてしまっては本末転倒ですので、そこは上手くバランスをとりながら活用してください😂

 

ということで、「海外アンティークジュエリーの探し方と買い方」シリーズでした。おつき合いいただき、ありがとうございました!