Jewellery Wanderlust

ジュエリーが大好きで、世界中から個人輸入している人のブログ。特にアンティークが好き。

MENU

御徒町でダイヤを買うべき人、買わない方がいい人

 こちらの記事でも書きましたが、私は御徒町で婚約指輪を買いました。

jewellery-wanderlust.com

 

婚約指輪と言えばハリー・ウィンストンやティファニーといった誰もが知る有名ブランドや、アイプリモやスタージュエリーといった身近にあって安心感のあるブランドなどなど、様々なお店で購入する選択肢があります。そんな中、わざわざ御徒町を選択する理由について語りたいと思います。また、御徒町で婚約指輪を買うことに向いている人、向かない人はどんな人なのかについても考えます。

 

※「婚約指輪=ダイヤ」ではありませんし、その逆も然りなのですが、ここでは「ダイヤの婚約指輪を御徒町で買う」ことを想定したいと思います。また、婚約指輪探しを既に始めていて用語をある程度知っている方を想定して書いているため、4Cなど基本的な用語の説明はありません。

 

 

御徒町とは

東京にある日本最大の宝飾専門街。なんとその歴史は江戸時代まで遡るそうで、宝石問屋やジュエリーショップ、工房などが数多く建ち並んでいます。問屋で「一般客お断り」のお店もありますが、一般客向けのお店もたくさんあります。

日本唯一の宝飾問屋街 ジュエリータウンおかちまち:JTO

 

f:id:jewellerywanderlust:20210224202715p:plain

ピンクのダイヤマークが全て宝飾関係のお店!

(出典:ジュエリータウンおかちまち)

 ではさっそく、御徒町で婚約指輪を買う利点と懸念点についてみていきましょう。 

 

御徒町で婚約指輪を買う利点

1、ダイヤが適正価格で購入出来る

基本的にブランドのお店で扱われている商品というのは、商品自体の価値や運送代、人件費などに加えて、広告代、テナント代、ブランド料などが上乗せされています。誰もが知っている有名なブランドになればなるほど、その上乗せの金額が大きくなるのは想像しやすいと思います。

一方、ダイヤモンドという石は、アメリカのダイヤの権威GIAによって決められた4C(Colour, Clarity, Carat, Cut)という価値判断基準が確立されています。つまり、この4Cの知識さえあれば、素人でも質の善し悪しが容易に分かる石ということです。ダイヤの質を担保したいと考えるとき重視するべきはお店の格ではなく、その石の鑑別書の内容、ただそれだけです。

もうお分かりですね。御徒町でダイヤを買うということは、例えば銀座にある有名ブランドと比べると、全く同じクオリティのダイヤなのに、商品価値や必要最低限のコスト以外の上乗せがない分、安い価格で手に入れることができる、ということになります。

 

2、在庫が豊富

日本に流通しているダイヤのほとんどが、ラウンドブリリアントカットです。世界的に見ても圧倒的に選ばれているシェイプですね。

f:id:jewellerywanderlust:20210224232800j:plain

ラウンドブリリアントカットの指輪(出典:Tiffany & Co.)

 

ファンシーシェイプ(ラウンドブリリアント以外のシェイプの総称)を検討している人は、ブランド店で希望のシェイプを見つけられない、あったとしても極わずかという可能性がかなり高いです。

f:id:jewellerywanderlust:20210225120203p:plain

左上のラウンドブリリアントカット以外をファンシーカットと呼びます。

(出典:NZ Jewellers)

また、同じラウンドブリリアントカットにしても、ブランド店では規格から外れたものはまず置いてありません。それはブランドの基準をクリアした高品質なダイヤのみ置いているということで、本来いいことではあるのですが、例えば予算の範囲内でカラットの大きいダイヤが欲しい場合、カラーやクラリティを妥協して、なるべく大きいカラットのダイヤを探す、といったことがブランド店ではまずできません。日本の普通のお店で、Iカラー以下やSI以下を取り扱っていることが稀だからです。それに引き換え御徒町は、そうしたブランドが取り扱っていないランクの石も置いてあることが多く、選択肢が圧倒的に広いです。

 

3、ルース(裸石)の状態で買える

f:id:jewellerywanderlust:20210224233450j:plain

出典:大阪心斎橋宝寿堂

上にも関わってきますが、御徒町は問屋が多いので指輪だけでなくルースの取り扱いも非常に多いです。 まず気に入ったルースを選んで、そこからリングのデザインを選んでカスタマイズする、というのは御徒町ならではの指輪の選び方と言えます。

 

そんな良い事ずくめな御徒町ですが、逆に御徒町で婚約指輪を買う際の懸念点についても挙げてみたいと思います。

 

御徒町で婚約指輪を買う際の懸念

1、デザインが高級ブランドほど洗練はされていない

有名ブランドは、そのブランドを代表するようなセッティングや、得意なセッティングというものをもっていますよね。その点御徒町は、残念ながら選べる指輪のデザインは無数にあるのですが、その中から高級ブランドほど洗練されたデザインを見つけ出すことが難しいかもしれません

 

f:id:jewellerywanderlust:20210224234410j:plain

ティファニーのアイコニックな6本爪の「ティファニーセッティング」。ダイヤだけが指に乗っているように見えるよう計算されている。(出典:Tiffany & Co.)

f:id:jewellerywanderlust:20210224234747p:plain

ハリーウィンストンの特徴的な8本爪の「スプリットプロング・セッティング(割爪)」。こちらもダイヤだけが指に浮かび上がるよう計算されている。(出典:HARRY WINSTON)

2、店の雰囲気が落ち着かない

街にきた時点で、お店の前には「格安」「○○%オフ」といった文字が並びます。ひとたび店内に入れば、ショーケースに並ぶ商品にも値下げの赤いシールが貼ってあったりと、全面的な「安さ推し」に少し辟易とするかもしれません。

 

f:id:jewellerywanderlust:20210224235401j:plain

「激安」の文字が踊る(出典:ジュエリータウン御徒町の歩き方&宝石雑学)

3、接客に好き嫌いがある

よく言えばフレンドリー、悪く言えば押しが強い店員さんが多い印象です…。もちろんそうでない方も大勢いらっしゃいます。しかし私はあるお店で、若いとみられたからか、かなり失礼な態度をとられた、且つ強引に買わされそうになったことがあります…(断りましたが)。

 

 

ここまで御徒町で婚約指輪を買うことの利点と懸念点をおってきましたが、最後に、御徒町で満足のいく買い物が出来る人と出来ない人について、まとめたいと思います。

 

御徒町が向いている人/向いていない人

【向いている人】

・とにかく安くクオリティの高いダイヤを買いたい人

・どんなものが欲しいかイメージができている人

ここが決まっていないと、圧倒的在庫の前に疲弊して終わってしまいます…。

 

【向いていない人】

・洗練されたデザインがいい人

・ものだけでなく、買うという経験も大切にしたい人

・押しに弱い人

 「いる、いらない」がはっきりいえる人でないと、セールストークに負けます…。

 

 

以上、御徒町で婚約指輪を買うことについての利点と懸念点でした。

 

個人的にはとても満足のいく買い物ができましたので、これを読んで「自分には合うかも!」と思った方は、ぜひ一度足を運んでみてくださいね。