Jewellery Wanderlust

ジュエリーが大好きで、世界中から個人輸入している人のブログ。特にアンティークが好き。

MENU

ジュエリーにはまると、もれなくその他美容もついてくる

ジュエリーを買って思うこと

これはジュエリー好きの方には分かっていただけると思うのですが、ちょっといいジュエリーを買うと次に思うことは、「このジュエリーに合う人間なりたい/ならなくちゃ」だと思います。宝石というのはそれだけで美しく存在感があるものなので、どうしても着ける側にも相応の資質が要求されるようにな気がします。もちろん、ノーメイク、Tシャツ、ジーンズの自然体に、大きなダイアのリングひとつ着けるというのも最高にかっこいいのですが、それが出来るのはある程度人生経験を積み、風格が備わった人に限るような感じがします。殊にアンティークジュエリーは装飾性の高いものが多いので、服やメイクとのバランスが難しかったりしますよね。私はジュエリーにはまり出してから、「とにかく肌と髪をきれいにせねば」と思うようになりました。この2つの土台がしっかりしていないと、本物を着けていても本物に見えない、なんだかみすぼらしく見えてしまう気がするからです。それから初めて、きちんとメイクもきちんも学ぶようになりました。私はどちらかと言うとメイク映えしない顔立ちのため、今までかなり適当にしてきたのですが、ジュエリーをつけるようになってからは、やはりきちんと整えた顔の方が似合う気がして、初めてメイクブラシを購入しYoutubeをみながらメイク研究するようになりました、笑。そうなったきっかけになったひとつは、ハート・エヴァンジェリスタ(Heart Evangelista)さんの存在です。前にも下の記事で言及した方です。

 

sanncha.hatenadiary.com

 

私のジュエリーアイコンのひとり

彼女はフィリピンのセレブリティで、女優やアーティストとして活躍されている方です。きれいですよねー。髪も肌もツヤツヤです。

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by Heart Evangelista (@iamhearte)

www.instagram.com

 

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by Heart Evangelista (@iamhearte)

www.instagram.com

 

日本や欧米ではナチュラル、エフォートレスがトレンドになって久しい中、それに逆行するかのようなばっちりメイクとジュエリーのフル装備(ただしスッピンもちろん美人)。メイクなしで外出することもなければ、ジュエリーはシャワーも寝るときもつけっぱなしだそうです。彼女はジュエリーのことを「自分のパーソナリティの延長」と表現していて、なんて良い考え方なんだろうと私は共感しています。ただし私はジュエリーは好きでも、つけっぱなしは苦手且つアンティークジュエリーでそれは絶対出来ないのでシャワーや寝る際は外します。

 

彼女は、彼女自身もお家もものすごいお金持ちで、身につけているものも大体高級ブランドなのですが、それをさらっとかっこよく着こなしているし、boss ladyっぽい、もしくはindependent womanな感じがして、今の私のムードにとてもマッチしています。

日本ではジュエリーは男性からもらうもの、異性を引きつけるためのアイテムの一つみたいな立ち位置で語られることがすごく多い気がします。しかし、ジュエリー好きは100%自分のためにつけていますよね。私は男性が近寄りがたいbossyな感じが今の気分です。笑

 

ジュエリーについての考え方

彼女がジュエリーのスタイリングについて語っている動画をご紹介します。

youtu.be

 

この動画は共感出来る名言だらけで、

“Accessories…it’s expressing your individuality”

「着飾ることは…あなたの個性を表現すること」

 

"If you feel that it looks pretty, for some reason, when people see it on you, it does’t look awkward […]. So it’s just how you wear it with confidence and I think that’s what matters."

「それが自分に似合っていると感じるときは、なぜかはわからないけれど、人からみても変には見えないもの。(…)だから、いかに自信をもってそれを身につけるかということなの。それこそが大事なことだと思う。」

 

などなど、素敵な言葉がたくさんあります。私もそう思いながらジュエリーを楽しみたいと思っています。彼女ほど美容に熱心にはなれませんが、とりあえずそろそろフォトフェイシャルと美容室のトリートメントを定期的に始めたいなーと思ったり。それにしても、肌と髪のメンテナンスは本当にお金がかかりますよね…。