Jewellery Wanderlust

ジュエリーが大好きで、世界中から個人輸入している人のブログ。特にアンティークが好き。

MENU

私をアンティーク沼に引きずりこんだリング

アンティークジュエリーという割とニッチな趣味を持つに至るまでには、誰しもが「きっかけとなった一品」を持っていると思います。はい、私も持っています。

 

前回の記事で、初めて買ったジュエリーがジョージアンのクラスターリングであると書いたのですが、実はこのリングよりも先に心奪われたリングがありました。しかしそのリングを購入するのはジュエリーを集め出してから半年以上経ってからです。なぜならそれは、まだジュエリーを買うこと、ましてやオンラインで買うことに慣れていなかった私には高額で(今なら全然普通だなと思いますが)、買うことを躊躇してしまったこと、もうひとつ、待てばセールの時期がくると分かっていたからです。

 

そのリングはまたもクラスターリングなのですが、ターコイズをシードパールが取り巻いているヴィクトリアンのものでした。そのどこに惹かれたのかと言うと、ずばりシャンク/ショルダーです。

 

f:id:sanncha:20210220102857j:plain

出典:マイナビウエディング

今までリングはどんな石が乗っているかを見るくらいで、輪っか部分なんて気にもとめたことがありませんでした。細いか太いか、地金が何色かくらいしかないと思っていたのです。しかしそのリングは、シャンクに非常に美しく精巧なカーヴィングが施してありました。後々勉強して知ることになったのですが、シャンクの装飾はアンティークリングによく見られる特徴でもあるのですね。そんなこんなで、現代ではまずみることのできない美しいシャンクに魅せられたことで、私の趣味に「アンティークジュエリー」が加わることとなったのでした。

 

その後、誰かに買われてしまうこともなく、無事セールの時期に手に入れることができました☺️イギリスのお店です。ここのお店は在庫がとても豊富で写真も可愛く、ブログもとてもためになるので、別の記事で紹介できればと思います。また、アンティークジュエリーを扱っている海外のお店のセールの時期についても、いつか記事にしたいと思います。

 

購入品の写真を乗せるべきかはまだ迷っているので、ブログを進める中で考えて決めていきたいと思います。

 

↓書くことにしました。

jewellery-wanderlust.com