Jewellery Wanderlust

ジュエリーが大好きで、世界中から個人輸入している人のブログ。特にアンティークが好き。

MENU

2021-02-24から1日間の記事一覧

コロナ禍で指輪をつける際の注意点

コロナ禍でジュエリー好きが気になることといえば、「指輪をつけたまま手を洗ったり、手の消毒をしていいか?」ということではないでしょうか。ジュエリー好きでなくとも、結婚指輪は毎日つけている人も多いでしょうし、これまで通りつけていていいのか、迷…

独学で学ぶアンティークジュエリー

アンティークジュエリーの敷居の高さの原因のひとつに、「価値がよく分からない」というのがあると思います。私も最初はそうでしたが、好きこそものの上手なれ、でアンティークジュエリーについて学ぶのは何の苦でもありませんでした。そしてアンティークジ…

【購入品紹介(アンティーク)】ターコイズとパールのリング

続いては、こちらで登場したジュエリーです。 jewellery-wanderlust.com そう、私がジュエリー、もといアンティークジュエリーにはまるきっかけとなったリングです!シャンク/ショルダーにご注目ください☺️ View this post on Instagram A post shared by H…

【購入品紹介(アンティーク)】ターコイズとダイヤのネックレス

アンティークジュエリーって基本的にone of a kindなので、購入品をブログに載せるべきか悩むのですが(身バレの可能性を考慮して)、せっかく手に入れたアンティークジュエリーについて話したいというのも、ブログを始めた大きな理由の一つなので、気にせず…

今後購入予定のダイヤモンドジュエリー

買い物の予定を立てるのってとても楽しいですよね。私は今欲しいジュエリーが色々あるのですが、今回はダイヤに限ってご紹介します。ひとつは現代のもので、もうひとつはアンティークです。ただ欲望のままに、欲しいものについて書きたいと思います、笑。 オ…

ダイヤモンド、現代かアンティークか

宝石の王様というべきダイヤモンド(歴史的に見ればそんなことはありませんが、デビアス社のイメージ戦略に乗っかってそう呼びます、笑)。私も「一番好きな宝石は」と言われたら「ダイヤ」と答えます。なぜならそれは幼い頃からの刷り込みと、自分の誕生石…

ジュエリーにはまると、もれなくその他美容もついてくる

ジュエリーを買って思うこと これはジュエリー好きの方には分かっていただけると思うのですが、ちょっといいジュエリーを買うと次に思うことは、「このジュエリーに合う人間なりたい/ならなくちゃ」だと思います。宝石というのはそれだけで美しく存在感があ…

20代、30代がおしゃれにアンティークジュエリーをつけるには

2、30代のファッション×アンティークジュエリー 真似しやすそうなつけこなし方 1、襟にスティックピンを横に通す 2、目立つリング1つ+その他は地金で統一する 3、色のコントラストを楽しむ 4、アンティークのリング×現代の細身のリングを重ねる 自分の…

CHANELのコスチュームジュエリーを買っていい人、買わない方がいい人

コスチュームジュエリーとは 素材の価値 お値段 真の価値 欲しいコスチュームジュエリー コスチュームジュエリーとは コスチュームジュエリーとは、「宝石の価値よりもファッション性の高さを第一に作られたイミテーションジュエリー」のことです。 コスチュ…

ジュエリーは使ってなんぼ、なのか?

私は映画が好きです。好きな作品も色々あり、その作品が好きな理由もそれぞれに違います。ここでひとつ主張したいことは、「好きな映画=よく見る映画」ではない、ということです。その逆はその通りかもしれませんが。「好き」は「よく見る」の必要条件では…

婚約指輪選び【大きめカラット、ファンシーシェイプ一択】

婚約指輪選びで初めてジュエリーに触れる人も多いと思います。私もその一人でした。母はジェンダーステレオタイプがごりごりの世代なので「ダイヤをくれない男とは結婚するな」と友人と話していたそうです私はもちろんそうは思いませんが、ダイヤが誕生石と…

ラボグロウン?モアサナイト?Sonaダイヤ?

前回に引き続き、今回も少しエシカルな選択肢のお話を。 jewellerywanderlust.hatenablog.com 「サステイナブルなダイヤ」という選択 1、ラボグロウンダイヤモンド(Lab-grown diamonds) 性質 価格 2、モアサナイト(Moissanite) 性質 価格 おまけ Sona…

とりあえずミキモトは買わないことにした【ジュエリーとエシック】

エシカルジュエリーとは アンティークジュエリーはエシカルか? 現代のものでもエシカルなジュエリーを選ぶには? エシカルジュエリーとは エシカルジュエリー(Ethical Jewellery)という言葉が聞かれるようになって久しいですね。エシカルジュエリーとは、…

アンティークジュエリーのコンバージョン(作り替え)の可否

アンティークジュエリーの「コンバージョン」とはつまり、もともとブローチだったものをピアスや指輪にしたり、アンティークピースの一部を外して違う物に作り替えることです。使われる機会のなくなったジュエリーを、より使いやすいジュエリーによみがえら…

「石のパワー」についての考察 ※Notスピリチュアル

スピチュアル系の話が嫌いです。突然すみません。ひとつ前の記事で「ジュエリーを愛でる星の元に生まれた」だの、落とした指輪が戻ってきたことに対して「運命を感じる」だの書いておきながら、すみません。 jewellerywanderlust.hatenablog.com でも違うん…

ジュエリーをなくす人、なくさない人

ジュエリー、なくしたことありますか? 私はありません。うそです、一度だけあります。20代前半の頃、母が若い頃買った18Kにハートシェイプの0.2カラットの小さなエメラルドがついたかわいらしい指輪をヘビロテしていました。ある日気まぐれに、いつも右手中…

好きなアンティークジュエリーのモチーフ

アンティークジュエリーには、よくテーマにされるモチーフが色々あります。それぞれに意味があり、それを知ることも楽しみの一つですよね。動物、鳥、虫、草花、ハート、鍵、などなど挙げたらきりがありません。そんな数あるモチーフに込められた意味を調べ…

アンティークジュエリーを所有する際の心得

アンティークジュエリーに関して私は、「自分の代で終わらせてはならない、自分が死んだらまた別の人の手に渡るもの」という意識が強いです。ですので、災害大国日本では防水・防火の金庫がほしいなと思っていますそんな私がアンティークジュエリーのオーナ…

アンティークジュエリー、魅力と懸念

ジュエリーの中でもなぜ現代のものよりアンティークが好きなのかについて、考えてみたいと思います。同時にデメリットについても考えます。以下では私個人の感覚で書いてしまっていますが、もちろんそもそもアンティークと現代ものでは使われている手法など…

私をアンティーク沼に引きずりこんだリング

アンティークジュエリーという割とニッチな趣味を持つに至るまでには、誰しもが「きっかけとなった一品」を持っていると思います。はい、私も持っています。 前回の記事で、初めて買ったジュエリーがジョージアンのクラスターリングであると書いたのですが、…