Jewellery Wanderlust

ジュエリーが大好きで、世界中から個人輸入している人のブログ。特にアンティークが好き。

MENU

「銀色の輪っかなら何でも良い」と思っている男性向け、結婚指輪の選び方

巷には様々な結婚指輪についての情報が溢れています。しかし、そのほとんどは女性向けの情報ばかり。今回は、「正直結婚指輪なんて何でもいい」と思っている男性にも役立つ情報、そして「おっ」と思えるようなブランドを紹介したいと思います。 まず始めに …

【購入品紹介(ヴィンテージ)】青いリボンのバレッタ

前記事に続いて、フランスに住んでいた頃の購入品をもうひとつ。またもや厳密にはジュエリーではありませんが、ヘアアクセサリーなのでぎりぎり許してください。 こちらです。 鮮やかなブルーのリボンと、装飾の美しい金属のリボンが重なったヘアバレッタ! …

【購入品紹介(アンティーク)】ねこと鷲の小物入れ

今回の購入品はジュエリーではないのですが、「ジュエリー入れ」ということでぎりぎりOKということにさせてください。とてもかわいいので、どうしても記事が書きたかったのです…。それがこちら。 にゃーん。 とってもかわいいでしょ!!!!???? ネコ型…

秘密結社フリーメイソンのジュエリー

以前こちらの記事で、「The Order of the Eastern Star(東方の星結社)」にまつわるアンティークジュエリーを紹介しました。 jewellery-wanderlust.com 今回はいよいよ、かの有名なフリーメイソンにまつわるジュエリーについて書いてみたいと思います。本当…

【購入品紹介(現代)】Wish upon a starダイヤネックレス

今回はいつも通り購入品紹介なのですが、いつもと少々毛色が違います。今回取り上げるのは、私が唯一持っている「百貨店に入っている系ブランド」のジュエリーなのです。それは、フェスタリアの「Wish upon a star」というシリーズのダイヤモンドネックレス…

その家に代々受け継がれるエアルームジュエリー【ビジュー・ド・ファミーユ】

heirloom(エアルーム)という言葉をご存知でしょうか。今回は、エアルームとは一体何なのかについて探っていきたいと思います。 エアルームとは エアルームの例 一般人の「エアルーム」 婚約指輪 母や祖母から受け継いだもの 自分で購入した上質なもの ビジ…

上品につけたい。大人のボディピアス入門

ボディピアスに対する率直なイメージってどうでしょう…?そもそも何それ?という方もいれば、痛そう、という方もいらっしゃるかと思います。もしくは若い子が開けるもの、とかロックのイメージ、遊んでそう?などなど…。今回はそうしたイメージを払拭し、大…

【購入品紹介(ヴィンテージ)】ブヘラ時計

今回は、おそらくこのブログでは初めて登場する「ヴィンテージ」ものです。アンティークとヴィンテージの違いはざっくりと、「製作されて100年以上経過しているものはアンティーク、100年未満のものはヴィンテージ」です。1930年代などは厳密には100年経って…

【購入品紹介(現代)】エメラルドのピアス

今回の購入品もアンティークジュエリーではなく、現代のものです。 こちらの記事に書いたのですが、私は色石の中で、今のところエメラルドが自分に一番似合うと思っています。特にゴールドセッティングのエメラルドピアスをつけると、自分の中で「これこれ」…

【購入品紹介(現代)】テニスブレスレット

誰しも、いつか手に入れたいブランドやアイテムがあったりしますよね。私にとって、ずーっと「いつか欲しいなあ」と思っていたもの、それは「テニスブレスレット」でした。テニスブレスレットとは、ダイヤなど石がぐるっと一周してついているブレスレットの…

華麗なるアンティークジュエリーボックスの世界

私はアンティークジュエリーが好きですが、同時にアンティークジュエリーが入っていたボックスも大好きです。ジュエリーボックスというのはジュエリーをまとめて保管するボックスのことではなく、買ったときに入っているボックスのことです。ケースと言った…

グーグルアーツで旅しよう。宝石やジュエリーが有名な世界の美術館

海外旅行にいけなくなって久しいですが、世界には価値ある宝石やジュエリーを展示している美術館や博物館がたくさんありますよね。その豪華さは写真でも十分ひしひしと伝わってくるので、今回はそれらを眺めながら少しでも旅行に行った気になりたいと思いま…

ルビー?サファイア?自分に似合う色の宝石は?

ダイヤなど無色透明以外の色の付いている宝石、それらをざっくりと色石といいます。個人的な偏見ですが、ジュエリー好きはまずダイヤから入って、次のステップとして色石に手を出す人が多い気がします。私もそのうちの一人です。しかし、色石は価値判断が難…

そろそろブローチと仲良くなりたい。いまどきのブローチの使い道について考える

お母さんやおばあちゃんのジュエリーボックスから出てくるもの…それはブローチ。レトロで可愛いデザインも多いのですが、実際に使う機会が少ない、本当に。眺めているばかりでもったいないので、そろそろなんとか使い道をみつけて活用していきたい!というこ…

「宝石・ジュエリー好き」ってマイナスイメージですか?

巷では、「宝石やジュエリーが好きです」という女性はあまりいい印象はもたれない、そんな話があることを最近知りました。特に日本は「持つものは恨まれる」文化なので、宝石やジュエリーが趣味であるということを隠している人も多いと聞きます。 今回はネッ…